幸せの森を作る

幸せの森を作るために勉強を積んでいきます

佐賀県で大和当帰の勉強をしてきました。

何度かお邪魔している、佐賀県の三瀬にある農業研究センターで大和当帰の勉強をしてきました。

今回は収穫をするとのことでしたがあいにくの雪で、掘り起こすのが難しくなっていたため、施設を回りながら大和当帰の栽培についての勉強をしてきました。

 

当帰については、以前この研究センターを訪れた際に由来などを書きました。

女性の体調を整えるための効能がある植物です。

shiawase-no-mori.hatenablog.com

 

この時期は当帰の収穫の時期が始まっており、別日に収穫した当帰が多く乾燥してありました。

f:id:frktms:20180116111502j:image

以前日大の薬用植物園で食べた乾燥して干してある当帰は、サツマイモのように甘くとてもおいしかったのを覚えています。

 

 

 

鹿児島出身なので九州でここまでの雪が積もっているのを見たのは初めてで非常に興奮しました。

 f:id:frktms:20180116111514j:image

一面雪景色です。

 

 

雪で完全に畑は埋もれていたのですが、1つだけ特別に掘っていただき掘りたての大和当帰を見ながら色々な質問をしてきました。

 f:id:frktms:20180116111903j:image

 

掘った当帰はいただくことが出来たのでこの当帰を実際に食べてみようかと思います。

f:id:frktms:20180116111537j:image

 

最近勉強中の植物酵素のジュースにすると面白いかもしれません。

千葉大学、日本大学の先生方と植物園巡りをして来ました

懇意にしていただいている千葉大学の池上文雄先生と日本大学の小村健太朗先生にご一緒し、千葉県内にある、日本大学東邦大学東京大学の薬用植物園を見て回り勉強してきました。

 

写真は小村先生が管理している日本大学です。

f:id:frktms:20171227152951j:image

 たくさんの品種があり、小村先生のこだわりを感じました。

 

そして東京大学薬学部の植物園です。

 f:id:frktms:20180111231437j:image

 

珍しい植物が多く勉強不足を痛感しましたが、先生方に教えていただきながら園内を回りました。

f:id:frktms:20171227152952j:image

 

 有名な蓮園も見てきました。

東大の検見川総合運動場で発見された大賀蓮が有名です。

f:id:frktms:20171227152949j:image

 

江戸時代から伝わるというホザキノイカリソウもありました。

f:id:frktms:20171227152858j:image

僕もイカリソウの栽培をしているので、こうした伝統的なイカリソウには大変興味があります。

 

専門家であるお二方のご厚意でご同行させていただいたにもかかわらず、1日中薬用植物について質問攻めをしてしまったのですが、丁寧に教えてくださり、改めて薬用植物の奥深さや栽培方法などを学ぶことができ、とても充実した1日になりました。

 

こうした勉強を生かして今後の試験栽培を進めてまいります。

 

オタネニンジン(高麗人参)の種植えをしました。

オタネニンジン高麗人参)の種植えをしました。

小さな種を一つ一つ置いていく作業はかなり細かな作業ですが、体に良い人参が育つことを想像するとワクワクしてきます。

 

f:id:frktms:20180108102253j:image

 

胚もかなり膨らんできており、今にも芽が出そうです。春にはしっかりと芽が生え揃うことを願っています。

 

このオタネニンジンを大好きな霧島に植え、無農薬での試験栽培をしていきたく思います。

 

 

実家で取れた果実で植物酵素作りをしました

あけましておめでとうございます。

今年も皆様の美容や健康、幸せに貢献できるような無農薬、日本製の高麗人参の栽培を始め、体に良い薬用植物を研究していきます。

 

本日は、実家でとれた様々な果実を使って前回紹介した植物酵素作りをしました!

自生してるものなのでもちろん無農薬です。

f:id:frktms:20180105091757j:image

 自分で取ったものを使って、体に良いものを作る作業はワクワクします。

 

 

キンカンやハッサク、ダイダイなど色々な柑橘類を取ってきました。

f:id:frktms:20180105091904j:image

 

 

 

前回と同じ作り方でいくつかの配合を試しました。

f:id:frktms:20180105091935j:image

 

 植物酵素作りは以下の記事です。

shiawase-no-mori.hatenablog.com

shiawase-no-mori.hatenablog.com

 

 

 

 色彩がとても綺麗です。

f:id:frktms:20180105092136j:image

 

 

 

庭で採れたアロエも使ってたくさんの仕込みをしました。

完成が楽しみです。

f:id:frktms:20180106113858j:image

 

 

 

最後までご覧くださりありがとうございました。

 

 

今年もよろしくお願い致します。

美容にも効果のあるという植物酵素作りをしました~後編~

前回途中まで紹介した植物酵素作りの続きを写真付きで紹介します。

 

前回の記事は以下をご覧ください。

 

shiawase-no-mori.hatenablog.com

 

 

 

●材料(写真は半分の量で作っています)

 イチゴ 600g

 砂糖  660g

 米麹  6g

 

 

●用意するもの

 広口ガラス瓶(2~3ℓ)

 ザル

 不織布

 ハカリ

 だしパック

 

●作り方

①材料を図る

 

②イチゴを洗い、ヘタをとって2つに切る(ヘタはだしパックに)

 

③広口瓶の底に砂糖を敷く(ここで砂糖をすべて使わない)

 

④イチゴを2~3回に分けて入れる(だしパックもそのまま入れる)

 

⑤上から砂糖を入れる

 

⑥イチゴを全部入れたら平らにして、米麹を入れる

 

⑦残しておいた砂糖で蓋をする

 

⑧蓋をする(通気性を保つように軽く)

 

 以上の工程を前回書きました。今回はその後の過程です。

 早速進めていきます。

 

①1日1~2回混ぜる(清潔な手で) 

f:id:frktms:20171227153021j:image

 

 

 ②砂糖がすっかり溶け切ってからさらに2~3日混ぜる

f:id:frktms:20171227153032j:image

下に溜まってきたエキスがとてもきれいです!

 

 

 

 ③漉す(不織布をザルの上に敷きボウルに入れる)

f:id:frktms:20171227153047j:image

 

 

 

 ④保存容器に移す

f:id:frktms:20171227153222j:image

 

 

 

完成した植物酵素がこちらです!

f:id:frktms:20171227153228j:image

 今回はレモンも同時に発酵させていたのですが、どちらもきれいで常に眺めていたくなります。

 

飲み方は、水や炭酸水で薄めて飲むのがおいしいです。

 大体5倍ほどがちょうどよいと思います。

 

 

その他にも個人的には、ウォッカを炭酸水と植物酵素で割るのが最高でした!

 

 

美味しくて体にも良い植物酵素を今後も勉強し、皆様の美容健康に貢献できるよう努力していきます。

 

 

色々な使い方があると思うので、発見したらぜひ教えてください!

 

美容にも効果のあるという植物酵素作りをしました

植物酵素作りをしました。

 

植物酵素が何であるかという前に酵素の働きを少し話します。

 

健康を維持するための体内の動き、栄養の吸収をする、エネルギーを作り出す、不要なものを排泄するといった活動には酵素が関わっています。つまり体調管理のためには酵素は不可欠なものです。

酵素を摂取することで、デトックス効果を高めることが出来ます。

これにより、新陳代謝がアップし、肌に張りが出てくすみが取れていきます。

さらに体か軽やかになり、疲れにくく、低体温の方は基礎体温も上昇しダイエットになります。

 

このように、健康を維持するために必要な酵素を簡単に楽しく日々の生活に取り入れるために作られたのが植物酵素で、様々な物をジュース状にして飲むことが出来るものです。

 

今回は、青木滋・和美ご夫妻の著書である『植物酵素の手作り帖』を基に、植物酵素作りをしました。

簡単なのでぜひお試しください!

 

今回作っているのは、イチゴを基にした基本的なものです。

 

●材料(写真は半分の量で作っています)

 イチゴ 600g

 砂糖  660g(原材料の1.1倍)

 米麹  6g(原材料の1%)

 

 

●用意するもの

 広口ガラス瓶(2~3ℓ)

 ザル

 不織布

 ハカリ

 だしパック

 

 

●作り方

①材料を図る

 

②イチゴを洗い、ヘタをとって2つに切る(ヘタはだしパックに)

f:id:frktms:20171213152013j:image

 

③広口瓶の底に砂糖を敷く(ここで砂糖をすべて使わない)

f:id:frktms:20171213152031j:image

 

④イチゴを2~3回に分けて入れる(だしパックもそのまま入れる)

f:id:frktms:20171213152051j:image

 

⑤上から砂糖を入れる

 

⑥イチゴを全部入れたら平らにして、米麹を入れる

f:id:frktms:20171213152102j:image

 

⑦残しておいた砂糖で蓋をする

f:id:frktms:20171213152113j:image

 

⑧蓋をする(通気性を保つように軽く)

 

 

以上で準備は完成なのですが、翌日からの作業も大切です。

 

①1日1~2回混ぜる(清潔な手で)

 

②砂糖がすっかり溶け切ってからさらに2~3日混ぜる

 

③漉す(不織布をザルの上に敷きボウルに入れる)

 

④保存容器に移す

 

 

以上で完成です!

 

翌日以降の工程は、現在発酵中なのでまた後写真で詳しく載せます!

 

毎日発酵する様子を見るのも楽しいです。

 

様々な材料で美味しく健康になれるようなものを作っていきます。

 

ぜひお試しください!

東京農業大学でのオープンカレッジー味噌仕込みを学ぶー

本日は東京農業大学のオープンカレッジのセミナーを受けてきました。

 

 

学生以外も農大の授業を受けられるようにと、定期的に様々な講座が開かれているこのオープンカレッジですが、今回は「わが家で菌活」というテーマの発酵のセミナーに参加してきました。

 

f:id:frktms:20171125214403j:plain

 

参加者の方々も発酵のプロのように詳しい方ばかりだったので、負けられません。

 

3回にわたる授業ですが、初回である今回は味噌の仕込みについて学びました。

 

 

一通り講義を受けた後、実際に味噌を仕込んでみました。

 

 

 

米味噌の仕込みなので、大豆・米麹・種水・食塩を混ぜ合わせます。

f:id:frktms:20171125213858j:image

 

 

 

まずは大豆をつぶします。

f:id:frktms:20171125213903j:image

 

 

 

そして食塩を入れ、ほぐします。

f:id:frktms:20171125213911j:image

 

 

 

さらに米麹をいれ、ほぐします。

f:id:frktms:20171125213941j:image

 

 

 

最後に種水を入れます。

f:id:frktms:20171125214001j:image

 

 

 

 

輪ゴムで縛り、ある程度真空状態にしたら完成です。

f:id:frktms:20171125214006j:image 

 

1ヶ月ほどで食べられる程度に発酵が進むらしいので完成が楽しみです!

 

発酵大国日本を代表する発酵食品である味噌を自分で作る経験を大学中にしたことは、今後の発酵の勉強に大いに役立つと思います。こうした知識も植物栽培と同時に進めていきます。